ドイツ、ナミビアでのジェノサイドを認めて謝罪

ドイツ政府は5月28日、ナミビアを植民地化した時代に、ヘレロ人とナマ人に対するジェノサイドを行ったことを初めて認めた。マース外相は「今日の観点からみてジェノサイドと形容される出来事だったと公式に認める...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。