トタル、ミャンマー軍への利益還流システムを構築か(報道)

5月5日付の仏ルモンド紙は、ミャンマーで天然ガスを生産している仏石油大手トタルが、ガス田から得た利益の一部を英領バミューダ諸島を通じてミャンマー軍に還流させるシステムを1990年代に構築し、30年弱に...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。