ポーランド政府と労組、2049年までの炭鉱閉鎖に関して最終合意

ポーランド政府と労組は、国内の炭鉱を2049年までにすべて閉鎖することで最終合意した。具体的な内容は未公表だが、炭鉱労働者12万人に対する補償、シロンスク県など炭鉱地帯への支援が含まれる。実現には欧州...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。