マクロン大統領も「ペガサス」通信監視の対象か

イスラエル企業NSOグループのスパイウェア「ペガサス」を用いた世界的な通信監視疑惑で、ルモンド紙などが7月20日、マクロン大統領の携帯端末が監視対象リストに含まれていたと報じた。モロッコ政府の依頼で対...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。