ルーマニア、2032年の石炭火力発電脱却を目標に設定

ルーマニア政府は、欧州連合(EU)の復興プランの枠内で「復興レジリエンス計画」を提出した。この中で、2032年の石炭火力発電脱却を目標に設定した。これに先立ち2030年までに大半の炭鉱を閉鎖する。具体...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。