EDF、新型EPR実現可能性に関する資料を仏政府に提出

仏電力大手EDFのレビCEOは5月6日、株主総会の席上、新型EPR(第3世代加圧水型炉)「EPR 2」の実現可能性に関する資料を仏政府に提出したと発表した。政府も数日前に資料を受け取ったことを認めた。...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。