ベルギー、脱原子力を逡巡

ベルギーの政府内で原子力発電の扱いをめぐり論議が起きており、政界の有力者からは2025年に予定される脱原子力の見直しを求める声も出ている。デクロー政権はオランダ語系(フラマン系)とフランス語系(ワロン...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。