ドイツでグリーン航空燃料の工場が開所

ドイツ北西部ベルルテ(ニーダーザクセン州)において、グリーン水素と二酸化炭素を用いてカーボンニュートラルな航空燃料を生産する工場が開所した。水素は風力・太陽光発電由来の電力を用い、電解を通じて生産。一...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。