オレンジ、5G広告を巡る訴訟で敗訴

仏消費者団体の「消費・住居・生活環境」(CLCV)が通信大手オレンジを相手取って起こした訴訟で、パリ地裁はこのほど、広告に虚偽があったとする団体側の主張を認めて、1万5000ユーロの損害賠償の支払いを...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。