市町村の36%が固定資産税の税率引き上げを検討

AMF(市町村長協会)とバンクデテリトワール(公的銀行)が3日に発表した調査結果によると、2021年に固定資産税の税率引き上げを検討している市町村は、全体の36%に上った。前年に引き上げを決めたのは7...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。