オラノ・ラアーグ再処理工場の再処理ラインが稼働停止

仏原子力大手オラノは、仏ラアーグ再処理工場(マンシュ県)の再処理ライン「UP3」の稼働を9月末に停止したと発表した。蒸発缶(核分裂生成物を含む放射性廃液を蒸発処理で濃縮減容し、ガラス固化体にできる状態...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。