仏カトリック教会内の性的暴行、未成年者の被害者は70年間で22万人近くに

仏カトリック教会が教会内の性的暴行の実態を把握するために行った調査結果が10月5日に公表された。1950年から70年間で、21万6000人の未成年者が聖職者からの性的暴行被害を受けていたことが判明した...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。