英国:労働党が中道へ方向転換、ジョンソン首相はより良い復興を主張

英国の労働党(最大野党)は9月29日までブライトンで年次党大会を開催し、中道寄りの政策案を打ち出した。同党は、反帝国主義、反NATO(北大西洋条約機構)、親パレスチナなどの方針を打ち出したコービン前党...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。