EDF、米原子力発電合弁会社からの撤退を完了

仏電力大手EDFは8月9日、米原子力発電合弁会社のCENGに保有する49.99%を合弁相手の米同業エクセロンに8億8500万ドル(7億5300万ユーロ)で売却したと発表した。CENGはニューヨーク州お...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。