仏国会科学技術選択評価局、ASTRID計画凍結以後の空白に懸念表明

仏国会の科学技術選択評価局は7月21日に提出した原子力政策評価報告書において、高速実証炉ASTRID(ナトリウム冷却高速炉)計画が2019年に放棄された後、原子力分野の研究開発に関する明確な方針が定ま...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。