仏の廃棄物処理場やリサイクル施設、リチウムイオン電池が原因の火災が多発

フランスのリサイクル事業者の連合体であるFederecは、廃棄物処理場やリサイクル施設で火災が多発していると警告を発した。年初からで100件を超える火災が起きたとしている。火災の主因としてリチウムイオ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。