仏ガルダンヌ石炭火力発電所を従業員が占拠

仏ガゼル・エネルジー(チェコ・エネルギー大手EPH傘下)が保有するガルダンヌ石炭火力発電所(ブーシュデュローヌ県)に10月12日、約80人の従業員が凶器、刃物などを持ってなだれ込み、発電所を占拠した。...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。