アフリカ:グーグル、5年間で10億ドルを投資へ

米グーグルは10月6日、アフリカ大陸のデジタル変革に向こう5年間で10億ドルを投資する計画を発表した。インターネット接続をより速く手の届きやすいものにすると同時に、地元のスタートアップを資金面で支援する。具体的には、南アフリカ、ナミビア、ナイジェリア、セントヘレナを経由して欧州に伸びる海底光ファイバー網「Equiano」の敷設、地元の小企業への低金利融資の実施、スタートアップへの出資を予定している。
グーグルはこの機会に、2017年以来でアフリカの若者600万人にデジタル分野のトレーニングを提供し、アフリカ大陸で1億人がAndroidを通じて初めてインターネットにアクセスしたと強調した。
アフリカでは人口13億人のうち高速ブロードバンドに接続できるのは3分の1に満たないが、人口の半分近くが18歳未満の若者であり、インターネット市場は有望だ。
AFP 2021年10月6日