ドイツの送電網拡張計画、反対運動などにより遅れ

ドイツ連邦経済エネルギー省のデータによると、2021年に入ってから国内で建設された超高圧送電線の全長は120キロにとどまる。2018年は171キロ、2019年は203キロ、2020年は341キロが建設...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。