1990年代の連続殺人・強姦事件、元憲兵隊員の犯人が自殺

1986年から1994年にかけてパリ首都圏で発生した連続殺人・強姦事件で、犯人が9月30日に明らかになった。28日に自殺した元憲兵隊員のフランソワ・ベローブ(59)であることが、DNA鑑定の結果確認さ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。