フランスで通信インフラを狙った破壊行為が増加

仏タルヌ県のアルビ市付近で9月11日、携帯基地局2基が放火の被害を受けた。ブイグ・テレコムとSFRのユーザー5万2000人の携帯通信が一時、不通になった。うち2万人程度のサービスは早期に回復したが、残...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。