INRAE、スプレー型の新型コロナウイルスワクチンの開発進める

仏公的研究機関INRAE(農業・食料・環境国立研究所)とトゥール大学は、点鼻スプレー型の新型コロナウイルスワクチンの開発を進めている。現在は動物実験の段階にあるが、結果が良好なら2023年中の製品化を...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。