98%の従業員がリモート就労の継続を希望

労組CGTが労働省・保健省の協力を得てサービス業の従業員1万5000人を対象に行った調査によると、全体の98%とほぼ全員が、リモート就労の継続を希望すると回答した。新型コロナウイルス危機を経て、リモー...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。