スウェーデン政府、使用済み核燃料中間貯蔵施設の拡張を承認:最終処分場については先送り

スウェーデン政府は8月26日、オスカーシャム原子力発電所に隣接する使用済み核燃料中間貯蔵施設CLABの貯蔵能力拡張計画を承認した。貯蔵能力は8000トンから1万1000トンに拡張される。政府はその一方...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。