マルセイユで麻薬密売団の抗争が激化、今年に入り15人が死亡

マルセイユで麻薬密売団の間の抗争が続いている。今年に入ってからでは15人が抗争のために死亡した。この数日間では、14才の少年がアサルトライフルによる狙撃で死亡した(ほかに14才と8才の未成年者が負傷)...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。