夏季休暇旅行に行けない貧困者、欧州では3500万人

欧州労働組合連合(ETUC)が8月2日に発表した推計によると、貧困線(所得中央値の60%)以下で生活し、経済的な理由から休暇旅行(1週間以上)に行けない人の数は、欧州連合(EU)全域で3500万人に上...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。