独緑の党、環境省への政策拒否権付与を提案

ドイツ緑の党のベーアボック首相候補は8月3日、9月の総選挙を前に、緑の党が政権に加わった場合、最初の100日に実施するべき気候保護に関するプログラムを発表した。その中で、環境省を気候保護省へと改変し、...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。