マクロン大統領の仏領ポリネシア訪問:核爆弾実験で国の責任認める

マクロン大統領は7月27日、仏領ポリネシア訪問の機会に、同地で過去に行われた核爆弾実験について、国の責任に言及した。謝罪の言葉は述べずに、国は仏領ポリネシアに対して「負債」を負っていると言及した。被害...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。