仏政府、薪暖房器具の汚染対策行動計画を発表

仏政府は7月23日、薪を燃料とする家庭用の暖房器具(暖炉や薪ストーブなど)から排出される粒子状物質を2030年までの約10年間で50%削減するための行動計画を発表した。こうした有害粒子状物質は年間に4...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。