スペイン、電力価格の高騰に対応してVAT税率引き下げへ

スペイン下院は7月21日、電力にかかる付加価値税(VAT)税率を12月末まで21%から10%へ引き下げる時限措置を可決した。電力卸売市場での取引価格が年初来、上昇しており、21日には同国電力卸売市場で...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。