バイエル、グリホサートが足枷に

仏日刊紙ルフィガロは7月19日付で、独化学大手バイエルに関する記事を掲載した。買収した米モンサントの事業が業績を圧迫していると報じた。
モンサントの除草剤ラウンドアップ(グリホサート)は、発がん性の...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。