決済手段の安全性報告書(2020年):小切手不正が増加

フランス中銀は7月6日、決済手段の安全性に関する2020年の実績について発表した。
これによると、カード決済における不正率(決済額に占める不正額の割合)は2020年に0.068%となり、前年並みの低...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。