ウェスチングハウス、仏拠点に6200万ユーロを投資へ

米原子力発電大手ウェスチングハウスは、仏シャンポネ拠点(ローヌ県)に6200万ユーロを投資する。溶接ならびに機械加工関連ソリューションの拠点「WMS」を設置し、非破壊検査、安全分析、部品供給などのサー...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。