スウェーデン:不信任案可決のロベーン首相、解散総選挙ではなく総辞職を選択

スウェーデンでは6月28日にロベーン首相が内閣の総辞職を決め、議会(一院制)のノーレン議長が29日に議席を有する政党の党首と協議を開始して、新首相候補を指名する運びとなった。6月21日に極右野党のスウ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。