コルシカ島東方沖に汚染物質が漂流、船舶による不法投棄か

コルシカ島の東方沖に、炭化水素による汚染が広がっているのが11日に発見された。船舶による不法投棄によるものとみられている。当局は現場付近の海岸における海水浴と、付近海域における漁労を禁止し、汚染物質の...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。