マクロン大統領、ルワンダを訪問:大虐殺を巡る「責任」に言及

マクロン大統領は5月27日、ルワンダを訪問した。この機会に、1994年に同国で発生した民族大虐殺に関する重い責任がフランスにあることを認めた。明確な謝罪はしなかった。
1994年の民族大虐殺を巡って...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。