オラノ、ラアーグ再処理工場において使用済核燃料プールの貯蔵能力拡大を希望

仏原子力大手オラノは、仏ラアーグ再処理工場(マンシュ県)において、既存の使用済核燃料プール4か所中3か所の貯蔵能力拡大を希望している。ラアーグ再処理工場のバラン副所長が地域情報委員会(CLI)において...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。