ドイツ:CDUチューリンゲン州支部の人選巡り党内外に波紋

キリスト教民主同盟(CDU)のチューリンゲン州支部は4月30日、汚職疑惑で辞任した同州選出のハウプトマン連邦議会議員の後任候補として、ハンスゲオルク・マーセン氏を指名した。9月の総選挙に出馬する。マー...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。