ASN、オラノ・ラアーグ工場の消火設備に関して督促

ASN(仏原子力安全局)は5月3日、仏原子力大手オラノのラアーグ再処理工場消火設備の一部にオゾン層を破壊するハロン1301が用いられていることを問題視し、2022年9月1月までに消火設備の運用を中止し...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。