独連邦憲法裁判所、気候対策法の見直しを命令

ドイツ連邦憲法裁判所は4月29日、2019年12月に制定された気候対策法の見直しを独政府に命令した。気候対策法では、温室効果ガス排出量削減の2030年目標として1990年比で55%の削減を設定。また各...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。