ジュネーブ市・州、仏原子力安全局の意見表明に異議申し立て

ASN(仏原子力安全局)は去る2月末、900MW級原子炉の40年を超える運転継続を原則として認める意見を表明した。これに対し、ビュジェイ原子力発電所(アン県)の閉鎖を長年求めているスイスのジュネーブ市...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。