2020年のロックダウン期、早死に回避に効果=仏保健当局試算

保健部門の仏公的機関サンテ・ピュブリック・フランスが発表した調査によると、2016-19年の期間に、粒子状物質PM2.5による汚染が原因で早死にした人の数は、年平均で4万人と推定される。この時期の死亡...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。