仏アブリル、植物由来の食品事業に集約化へ

食用油大手の仏アブリル(Avril)は4月13日に2020年業績を発表した機会に、鶏卵のマティヌ(Matines)と豚肉加工事業を売却する意向を表明した。植物生産に事業を集約化する。
売却を予定する...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。