中国の人権問題巡り、アパレル4社がフランスで告訴の対象に

中国が新疆ウイグル自治区の少数民族を強制労働させているとされる問題を巡り、人権擁護のNGO連合が4月8日、パリ地裁に対して、アパレル大手4社を刑事告訴する手続きを行った。訴えられたのは、中国資本の仏S...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。