アルテリアの操船訓練センター、スエズ運河の座礁事故で注目

スエズ運河で「エバーギブン」号が座礁し、世界貿易に大きな打撃を与えたが、これに関連して仏レゼコー紙は4月7日付で、仏アルテリア(エンジニアリング)が運営するポールレベル(イゼール県)の操船訓練センター...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。