エンデサの送電線で鳥が大量死

バルセロナの検察当局は、スペイン電力大手エンデサ(伊エネル傘下)に対して「天然資源と環境に対する罪」の容疑による訴追を開始した。バルセロナ県北部のオソナ郡において、同社の高圧送電線・送電塔が原因で、2...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。