欧州医薬品庁(EMA)、アストラゼネカ製ワクチンの副反応リスクを初めて認める

欧州医薬品庁(EMA)は7日、アストラゼネカ社製の新型コロナウイルスワクチンについて、血栓症を誘発するリスクが存在する可能性があることを確認した。EMAは、ごく稀な副反応として血栓症を誘発するリスクを...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。