ブルガリア総選挙、ボリソフ首相の与党が後退

ブルガリアで4月4日に総選挙の投票が行われた。5日時点の出口調査によると、ボリソフ首相の中道右派政党GERB(ヨーロッパ発展のためのブルガリア市民)が第1党の地位を維持したものの、得票率は大きく後退し...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。