トタル、ミャンマー事業を継続

仏石油大手トタルのプヤネCEOは、4月4日付の仏日曜紙ルジュルナルデュディマンシュに寄稿し、市民の抗議活動への軍部による弾圧が問題となっているミャンマーにおける事業を継続すると発表した。トタルはミャン...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。