ニジェールのCominakウラン鉱山、操業を終える

仏原子力大手オラノがニジェール・アクータに保有するウラン鉱山Cominakが3月31日に操業を終えた。オラノは2019年、資源の枯渇を理由に鉱山の閉鎖を予告していた。
アクータでは1967年にウラン...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。